一般社団法人 立礼茶の湯協会

立礼茶の湯協会とは

設立趣旨/目的

私どもは、日本人が日本文化を大事にする気持ちを育むために
茶道・茶の湯文化に関する研究と資格認定等を行い、
茶道・茶の湯文化をはじめとする日本伝統文化の次世代への継承を増進させること
さらに国際社会においての茶道・茶の湯文化の普及に貢献することを目的とします。

事業内容

茶道・茶の湯に関する研究事業、資格認定事業、書籍等の発行を行ないます。
また、茶道・茶の湯だけではなく、日本伝統文化をあらゆる分野や角度から考察し、国内外への普及事業に努めます。

私どもの茶道・茶の湯の特徴

テーブルと椅子で行います

私どもは「立礼式」の茶道・茶の湯を行なっています。
「立礼式」とは、本来の様に畳みに座って行うものではなく椅子に座ってお茶を点てたり頂いたりするものです。
畳に座って行う事に対しての「立礼」と呼ばれています。
椅子に座りテーブルで行うため、膝や腰に負担をかけることもありませし、正座をするのが難しい方や苦手な方、外国の方で正座に馴染みが無い方でも
茶の湯の世界を楽しんで頂くことができます。

日本の伝統文化に慣れ親しんでほしい

私どもは茶道・茶の湯を通して相手を思いやる気持ちを育くむと共に、日本の伝統文化に慣れ親しんで欲しい、という願いがあります。
その為にも、未来を担う子どもたちから、日本に来訪する外国人の方々まで、また、様々な条件を持った多くの人々が親しみやすい環境づくりを
目指しています。

立礼茶道師範資格

立礼茶道師範とは立礼式茶道・茶の湯の専門的知識と技能をもつ専門的職業を言います。

立礼茶道師範には、日本文化の普及に関わる研究・教育を目的とした教示や、茶道文化を伝えることのできる様々な分野での活躍を期待します。

受験詳細

対象16歳以上
試験内容第1次試験 筆記試験
第2次試験 実技試験
第3次試験 面接
受験料30,000円(税別)
合格した場合、認定登録料5,000円(税別)かかります。

こども茶の湯師範資格認定

資格を得ることにより、日本伝統文化を学ぶきっかけになり、こどもの自信となることを願って作られらた認定資格です。

こども茶の湯師範には、多くの人々に茶の湯の楽しさを伝える活動をしていって欲しいです。

受験詳細

対象小学生
試験内容実技試験、筆記試験、面接
受験料10,000円(税別)
合格した場合の認定登録料などの費用はかかりません。

活動内容・活動報告

こんな活動をしています

未来を担う子どもたちから、日本に来訪する外国人の方々まで
日本の伝統文化に慣れ親しんでほしいという願いから、身近で楽しいイベントも行いながらに活動しています。

初釡と精進料理
「書」に挑戦!書初め会。
春の野点&お花見&ピアノパーティ。
浴衣で茶の湯、親子で楽しむ和菓子作りとお茶。
浴衣で茶の湯、
親子で楽しむ和菓子作りとお茶。
日本のマナー、子どものための お箸を使えるようになろう。
日本のマナー、子どものための
お箸を使えるようになろう。

comingsoon…

会社概要

主たる事務所

東京都大田区田園調布 神奈川県川崎市

役員

代表理事 駿河 陽子
理事 田中 勇

連絡先

090-6183-2837(代表直通)

044-814-3457

駿河 陽子 プロフィール

一般社団法人 立礼茶の湯協会 代表理事
株式会社風の間 代表取締役
武蔵野音楽大学を卒業し、おとのわピアノ教室の代表・講師。
家庭料理屋 菌屋にて、オーナーシェフ・ソムリエ。
茶の湯教室 風の間にて、代表・講師。

お気軽にお問い合わせください


茶の湯体験について立礼茶道師範資格について子ども師範資格認定についてテレビ・雑誌等の取材についてその他のお問い合わせ